• ホーム
  • 取扱商品
  • 炭について
  • 廣備について
  • お問い合わせ

炭について

その三、 使用上の注意

1. 一酸化炭素中毒について

木炭は不完全燃焼をすると一酸化炭素を放出します。ご使用になる際は換気に十分ご注意ください。

2. 爆跳について「白は跳ねる 黒は燻る」

爆跳とは

炭に火を熾すときに「バチン」と大きな音をたてて炭が弾け飛ぶことがあります。
この現象を爆跳と言い、お客様からいただくクレームの中では最も多いものです。
炭は水分を吸収しやすいので、湿気の多い所に長期間保管されたものや、水に濡れた炭は、内部に水分を含んでいます。
加熱の際に急激に温度が上がると水分が膨張し、膨張力が炭の硬度を超えると爆発を起こします。これが爆跳です。

 

爆跳させないために

もちろん売る側としても、倉庫の風通しを良くするなど、できるだけ爆跳を起こさない努力はしていますが、
備長炭である限り絶対に爆跳を起こさないものはありません。
昔から炭を使うお客様は爆跳に対して様々な対策を講じてきました。

  1. 予め温めておく
    爆跳は水分と急激な加熱に因るものなので、継ぎ足し用の炭を火床の近くで温めて乾燥させます。
    水分が少なくなれば爆跳は起きにくくなります。
    当社でも扱っている送風焼台など、一部の焼き台には乾燥用の引き出しがついているものがあります
  2. 水に浸ける
    水分が原因なのに水につけると、余計に爆跳が起こりそうですが、
    水分を吸いきった状態にしておくと、着火に時間がかかるようになり、急激な加熱を防ぐことができます。
    炭に火が回るようになったときには水分が抜けきってしまいます。
  3. 炭炉(火種コンロ)の使用
    炭炉といわれるものの中で継ぎ足し用の炭をすでに火がまわっている状態で保存できます。
    蓋をして燃焼が持続可能な最小限の空気だけを入れれば、炭の燃焼も最小限に抑えられ経済的です。
    蓋ができるので中で爆跳が起こっても危険はありません。

海外産の炭は性質上柔らかく、
また製炭から販売までどうしても時間がかかるため爆跳しやすく、
国産の炭は比較的爆跳は少ないといわれています。
しかし「白(炭)は跳ねる、黒(炭)は燻る」と昔から言われ、
備長炭である限り絶対に爆跳しない炭はありません。
炭を使う際は焼台の周りを耐熱ガラスで覆う・炭炉を使うなど、
食べに来たお客様に爆跳で炭が飛んでいくことのないように十分な対策をお願い致します。

 

このページのトップへ

備長木炭専門店
廣備(ひろびん)
浦安事業所

〒279-0025
千葉県浦安市鉄鋼通り2-2-1